放射線科医・血管外科医による
Vascular intervention ライブコース
EVT、EVAR、コイリング症例を予定

この度、Nara Endovascular eXperience and Technology symposium (NEXT 2019)を2019年10月31日(木)・11月1日(金)に、ホテル日航奈良にて開催いたします。
近年、わが国では罹患患者の高齢化と医療技術の進歩により、低侵襲で高い治療効果を有する血管内治療の需要が年々高まっています。特に大動脈や末梢血管疾患の治療方法として、血管内治療は急速に普及し、多くの施設で第一選択となっています。その一方、実臨床でさまざまな症例に遭遇するにあたり、治療戦略の立て方や治療手技が施設間で大きく異なっています。これらの状況を考慮し、日本の血管内治療をリードしてきた施設が集まり、各施設で蓄積してきた経験の共有と、最新のエビデンス構築や新規デバイス評価を目的とした血管内治療に関する研究会 Nara Endovascular eXperience and Technology (NEXT) symposium を2018年に設立しました。

設立の目的は以下の二つに集約されます。

① 血管疾患に対する血管内治療の高いレベルでの標準化を図り、本邦の医学・医療の進歩・向上に寄与する。
② 放射線科および他科の若手医師に対して血管内治療を中心とする治療手技や血管疾患全般の教育に注力する。

私がこれまで専門としてやって参りましたvascular IVR を専門とする放射線科医の減少を目の当たりにし、まずはこの治療について知ってほしい、というのが正直な気持ちです。コアメンバーは中堅の放射線科医と血管外科の先生方にも入って頂いています。ライブシンポジウムを通じて血管内治療の実際を供覧するとともに、これから血管内治療を始めようとする人にも気軽に参加していただけるような、敷居の低い会にしていければと考えています。昨年第1回目を奈良で開催し、多数のご参加を頂きました。第2回目はさらに多くの方にご参加頂き、たくさんのことを勉強して頂き、ご一緒に会を盛り上げていきましょう。

吉川公彦
NEXT symposium 実行委員長
(奈良県立医科大学 放射線科・IVRセンター 教授)

吉川公彦
youtube:再生ボタン

実行委員

井上政則
井上政則
慶應義塾大学
放射線診断科
鬼塚誠二
鬼塚誠二
久留米大学病院
外科
尾原秀明
尾原秀明
慶應義塾大学医学部
外科
福田哲也
福田哲也
国立循環器病研究センター病院
放射線科
本郷哲央
本郷哲央
大分大学医学部附属病院
放射線科
山岡輝年
山岡輝年
松山赤十字病院
血管外科
山口雅人
山口雅人
神戸大学医学部附属病院
放射線診断・IVR科

事務局

市橋成夫
市橋成夫
奈良県立医科大学
放射線科・IVRセンター
(事務局長)
藤村直樹
藤村直樹
東京都済生会中央病院
心臓血管外科
(会計担当)

NEXT2019 ファカルティー

足立 憲
鳥取大学医学部附属病院
放射線科
内山英俊
総合病院 土浦協同病院
血管外科
大塚裕之
久留米大学病院
外科
小川普久
聖マリアンナ医科大学
放射線医学
片田芳明
東京女子医科大学東医療
センター 放射線科
加藤憲幸
三重大学病院
放射線科
金子健二郎
新百合ヶ丘総合病院
血管外科
久良木亮一
九州医療センター
血管外科
工藤敏文
東京医科歯科大学医学部
附属病院 血管外科
小林 平
JA広島総合病院
心臓血管外科
古屋敦宏
旭川医科大学病院
血管外科
阪口昇二
松原徳洲会病院 大動脈
ステントグラフト・血管内治療科
佐藤友保
土谷総合病院
放射線科
佐村 誠
山口大学医学部附属病院
血管外科
柴田 豪
市立函館病院
心臓血管外科
末吉英純
長崎大学病院
放射線科
杉本幸司
神戸大学医学部附属病院
放射線科
墨 誠
埼玉県立循環器・呼吸器病センター 
血管外科
寒川悦次
大阪市立大学医学部附属病院
放射線科
高山勝年
医真会八尾総合病院
放射線科・脳血管内治療科
高山利夫
東京大学医学部附属病院
血管外科
田中利洋
奈良県立医科大学
放射線科
谷口尚範
天理よろづ相談所病院
放射線部(診断部門)
戸谷直樹
東京慈恵会医科大学附属柏病院
血管外科
中井資貴
和歌山県立医科大学
放射線医学講座
服部 努
相模原協同病院 日本大学医学
部附属板橋病院 血管外科
坂野比呂志
名古屋大学医学部附属病院
血管外科
東浦 渉
沖縄県立中部病院
放射線科
古山 正
九州大学病院
第2外科(血管外科)
前田清澄
草津総合病院
放射線診療センター
前田剛志
東京慈恵会医科大学附属柏病院
外科学講座 血管外科
松原健太郎
慶應義塾大学
外科
嶺 貴彦
日本医科大学千葉北総病院
放射線科
元木 学
森之宮病院
心臓血管外科
山本浩詞
住友病院
血管内治療(IVR)センター

NEXT2019 開催概要

会期 2019年 10月31日(木)・11月1日(金)
会場 ホテル日航奈良
4階 飛天
〒630-8122 奈良県奈良市三条本町8-1
TEL 0742-35-8831
交通アクセス
主催 NEXT実行委員会
事務局 奈良県立医科大学 放射線科・IVRセンター内
〒634-8521 奈良県橿原市四条町840
運営事務局 株式会社エヌ・プラクティス内
〒541-0046 大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル7F
E-mail : next-info@n-practice.co.jp
TEL : 06-6203-6731 FAX : 06-6203-6730
取得可能単位 ・IVR専門医更新単位(5単位)
・インターベンションエキスパートナース専門医更新単位(10単位)
・日本脈管学会認定脈管専門医更新単位(1単位)

参加登録

参加登録費

本シンポジウムはライブ手術であり、実際に血管内治療に携わる医療従事者限定にさせて頂いております。

事前参加登録【10月10日(木)】 当日参加登録
医師 5,000円 10,000円
コメディカル 2,000円 3,000円
企業 5,000円 10,000円
研修医・学生 無料

問い合わせ先

NEXT運営事務局 next-reg@n-practice.co.jp

演題募集

10月31日(木)18:00から症例検討会を開催いたします。
血管内治療において実臨床で難渋した症例を大募集いたします。ふるってご応募ください。

特典

  • ・演題登録者はNEXT2019への参加登録費を免除いたします!
  • ・演題登録の中から、優秀症例は口演頂き、副賞として、交通・宿泊費をサポートいたします!(口演以外の方はNEXT会期中、ポスターを掲示させて頂きます)
  • ・最も教育的効果が高い優秀症例賞の受賞者は、症例検討会翌日のNEXT2019のライブデモンストレーションのプログラムにて、“Challenge Faculty”として、ライブコメンテーター席にお迎えいたします!

応募方法

下記項目を記載、および添付のうえ、メールにてご応募下さい。

件名『 NEXT2019 症例検討会 演題登録 』

  • 1.氏名
  • 2.所属施設、科名
  • 3.ご連絡先(携帯、メールアドレス)
  • 4.発表演題名
  • 5.発表内容について、画像もしくは200字程度の抄録をPPT1枚してください(ファイル名例:NEXT2019 Nara Taro)

送信先

NEXT運営事務局 next-program1@n-practice.co.jp

締切

8月5日(月)

Off-the-Job Training

準備中

アーカイブ